埋葬・埋蔵:霊園開発

2008年04月25日

埋葬・埋蔵

埋葬というと、骨をお墓に入れることと思われています。

確かに現実でもほとんどの方がそう思われていますね。

実際には、墓地埋葬法上では違います。

どこがといいますと

埋葬(まいそう)土葬です。つまり死体を土の中に
埋めることを言います。

棺おけのまま土の中に入れることですね。
今は実際ある特定の地域でした見受けられません。

埋葬(死体を土に葬る)時は保健所の許可が必要です。
公衆衛生上の問題ですね。昔は井戸を使っていましたし

河川で野菜を洗っていましたしね。


埋蔵はといいますと、ほとんどが今は埋蔵です。

お墓に入れるとき納骨室(カロート)に入れるときは
骨を入れますね。それは実際には埋蔵です。

芝生墓地の前のふたの下に骨を入れるときも
埋蔵です。

現在はほとんどが埋蔵であります。

新規の民間霊園は許可条件に焼骨に限るという条件
つくことがほとんどのようですが。

死体を土の中に葬ることが埋蔵

焼骨(焼き場で焼いた骨)を納骨室(カロート)に
入れることがが埋蔵です。
【関連する記事】
posted by 墓地開発 at 12:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 墓地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

お寺からの手紙
Excerpt: 私のお客様で公営霊園を 買った人で、お寺さんを 納骨のときに紹介して ほしいと相談されました。 まあ 普通に近所のお寺を 紹介したのですが 法事の時は 良かったのでが しばらくして ..
Weblog: お墓物語
Tracked: 2008-05-02 22:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。