霊園開発の手順:霊園開発

2008年05月28日

霊園開発の手順

霊園開発の手順

○土地を確保できること
○地元近隣地権者と合意できること
○行政の基準に適合すること
○経営主体が地方公共団体、公益法人、宗教法人であること
○自己資金があること、
○宗教法人の名義貸しでは無いこと
 資金提供者が宗教法人に資金を迂回融資し、霊園開発資金を
 自分で用意したかのように見せかけること。

実際は何処の霊園を見ても霊園開発には霊園開発業者
資金提供者が、宗教法人がいて開園を迎えることになるが
開発途中に販売力のある石材店を募集する。

お金があって、法人があるということが霊園開発には絶対条件である。


ただし、作るだけ作って権利を売ってしまう霊園開発業者もいる。
そういう霊園を買われた消費者はかわいそうだ。

霊園というのは基本的に地方公共団体に許可がおりる。
ということは永続性が必要になる。

永続性を考えるときちんとした管理計画が必要になる。
500区画などの小さな霊園は問題外である。

行政上の問題点も否めない。法律が今の時代に合わないからだ。
霊園開発をするにしても、必要以上のと思われる設備の要求
がある。霊園開発者として頭の痛い問題でもある。現行法規
との乖離があるからだ。


行政は窓口での協議を覆すこともある。霊園開発で動いている
霊園開発業者は専門であるが、行政の窓口担当者は3年とかで5年とか
定期的に移動があるからだ、間違えたことも言う。

霊園開発には、いい場所の確保、資金の確保、法人の確保
石材店の確保が大切で。

霊園開発業者は、行政書士がやることが多い、最近は不動産業者も参入してきている。中には建設会社も資金提供者として登場している。



【関連する記事】
posted by 墓地開発 at 17:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 霊園開発手順 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98309607

この記事へのトラックバック

売り逃げ霊園の悪質な手口! 〜事業型霊園の怖い話〜
Excerpt: 〔霊園が倒産した!?〕 霊園が倒産し、誰も管理しない荒地になってしまった・・・そんな事件が現実に起きている。ある霊園を運営していた、お寺の住職が失踪してしまった。お墓は誰も管理せず、荒れ放題..
Weblog: 眞鍋かとりのココだけの話
Tracked: 2008-06-01 17:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。